ニキビ予防 生活習慣

生活習慣を変えてニキビ予防♪

ニキビができにくい肌にするためには、今の生活習慣を変えてみることも一つの方法です。

 

ニキビを予防するのに大切なのは3つあり、まずバランスの取れた食事、次に十分な睡眠、
そして常に肌は清潔にしておくということです。

 

つまり、規則正しい生活をすることが大切になっています。

 

 

働く女性は、忙しくてなかなか野菜を摂取することができず、外食する機会も多くなり、
つい油っぽいものが中心の食事になってしまうということもあるでしょう。

 

また甘いものが好きな人はついストレス発散のため食べてしまうということもあるかもしれません。
しかし、油っぽいものや甘いものを沢山摂取すると、ニキビができやすくなってしまうので、注意しましょう。

 

 

睡眠不足はお肌の天敵

 

十分な睡眠が取れていないと、肌荒れが起こりやすくなり、その一貫として
ニキビもできやすくなります。

 

睡眠不足はお肌の天敵となるので、できるだけ早く眠るように心がけましょう。

 

特に22時から深夜2時の間は、肌が再生される時間とされているので、その時間に
眠っていればニキビができにくい綺麗な肌を手に入れやすくなります。

 

 

あとはメイクしたまま眠ってしまうということはありませんか?
メイクをしたまま眠ってしまったことのある人であれば分かると思いますが、
肌が汚いままになっています。

 

毛穴にファンデーションなどの汚れが詰まってしまい、ニキビの原因であるアクネ菌の
温床となってしまうので、気をつけましょう。

 

これら3つのことに気をつければ、ニキビを予防することができます。